相続税の控除について | その他の贈与税額控除と比較 | 新松戸駅から徒歩4分の司法書士事務所

その他の贈与税額控除と比較

その他の贈与税額控除

暦年課税贈与税と相続時精算課税の比較

 

その他の贈与税額控除

暦年課税贈与税について

通常の贈与税
年間贈与額110万円の非課税枠があります。これを利用して毎年110万円程度の贈与を行うという方法があります。財産の移転に時間はかかりますが、最も確実かつ安全な方法です。名義変更で登記等が必要な不動産より、同族会社の株式贈与や現金贈与等に向いてます。

暦年課税の贈与税の計算方法

暦年贈与税計算図

相続時精算課税について

贈与税の負担を大幅に軽減し、財産の早期移転を促すために設けられた制度です。
2,500万円まで(贈与税が)非課税で贈与が可能です。

住宅取得資金等の場合:3,500万円(1,000万円上乗せ)まで(贈与税が)非課税で贈与が可能です。
もし、贈与財産の価格が上記の非課税金額を超えた場合には、通常の贈与税の税率と異なり、超えた金額に20%の贈与税が課せられます。

※相続時精算課税制度は上記の金額まで贈与税は非課税ですが、相続の際に相続財産に組み込まれて、相続税の対象となりますので、完全な非課税ではありません。また、大きな贈与について、相続時精算課税制度で贈与税を払った場合:その贈与税は相続税の前払いという形になり、相続が発生したときには相続税から控除して精算されます。

相続時精算課税の適用を受けるための要件等

※1:子が既に亡くなっている場合には、20歳以上の孫も適用を受けられる。
※2:贈与を受けた年の翌年2月1日~3月15日までの間に贈与を受けた人の住所地を所轄する税務署に
   提出。
※3:途中で暦年課税制度への切り替えは不可。

 

贈与税の配偶者控除について

配偶者から居住用の不動産、あるいは、これを購入するための資金を贈与されたときに、最高2,000万円まで贈与税から控除されるのが、贈与税の特例として、贈与税の配偶者控除です。メリットとして、贈与税が節税できるとともに、先に贈与で財産を移転すれば、将来の相続税の対象となりませんので、相続税の節税もできます。

贈与税の配偶者控除の要件等

 

暦年課税贈与税と相続時精算課税の比較

  相続時精算課税制度 暦年課税制度
通常の贈与(110万贈与)
贈与者 65歳以上の親(住宅取得資金の場合、年齢制限なし) 制限なし。親族間のほか、
第三者からの贈与を含む。
受贈者 20歳以上の子供(代襲相続人を含む) 制限なし


非課税枠 贈与をする人ごとに生涯にわたり2,500万円(特別控除額)。 贈与を受ける人ごとに毎年、年間110万円(基礎控除額)
税金 (貰った価額-2,500万円)
 ×20%
(貰った価額-110万円)
 ×超過累進税率
計算期間 届出後相続開始まで 暦年(1/1から12/31)
申告 非課税枠内でも、適用を受ける子供は、贈与を受けた翌年の2/1から3/15までに申告 非課税枠内であれば、申告不要(配偶者の特例の場合、申告必要)
納付 贈与税がある場合は納付し、相続時に精算 贈与時に完了


税金 相続財産に贈与財産(贈与時の価額)をプラスして相続税の計算をする 贈与財産は、相続税の計算には関係しない。ただし、相続開始前3年以内に贈与した財産は相続財産にプラスして相続税の計算をする
贈与財産
の価額 
贈与時の価額(時価) 贈与時の価額(時価)
過大贈与
税額
還付
節税効果 ない。2500万円の非課税枠はあるが、すべて相続時に合算されて相続税がかかる。ただし、贈与時の価額で合算されるため、その財産が相続時に値上がりしていれば、間接的に節税になる。 ある。贈与財産は、相続時に計算の対象外になる。よって、その分は、財産を少なくし、結果的に相続税が安くなる。
メリット 一度に大型贈与がしやすい 相続財産を減らすことが可能。結果的に相続税が安くなる。
デメリット 相続税を安くすることができない。また、一度この制度を選択すると、その贈与者については、暦年課税制度が使えなくなる。 一度に大型贈与がしにくい
過払い金計算無料

金融業者別 過払い金請求最新情報

  • お問合わせ
  • お問合わせ
  • 携帯サイト情報
全国対応! -出張相談のご案内- 過去相談会の実績 求人情報
サイトマップ
サイトマップ

過払い金請求でお悩みの方は、司法書士法人新松戸合同事務所に無料相談にてご相談下さい。すべて認定司法書士が手続きと面談を行います。借金問題はまわりに相談しずらい内容の為ひとりで悩まれ、抱え込んでしまう方が多くいらっしゃいます。でもそれでは時間だけが過ぎてしまい早い解決から遠ざかってしまいます。過払い金請求で言えば、相談を躊躇してしまったために思い立った時には遅かった、ということもあり得るのです。というのも過払い金請求には時効があるからです。秘密はもちろん厳守いたします。お電話でのご相談はフリーダイヤルで、携帯からもお掛け頂けます。また、ご心配な方は非通知でのご連絡でも結構です。些細なことでも借金問題でお悩みの際はお気軽にお問合せください。司法書士法人新松戸合同事務所では、松戸、柏、流山、我孫子、取手などから多くの過払い金請求のご相談を頂いております。また、松戸の事務所を拠点に出張相談も行っておりますので、ご相談者のご都合に合わせてご自宅でもお伺いします。ご希望をお伝え下さい。債務整理や過払い金請求は経験と専門知識が必要になります。司法書士法人新松戸合同事務所にはこれまでの実績があります。どうぞ安心してお任せください。

所在地情報
千葉県松戸市新松戸四丁目50番地新松戸Uビル4階
司法書士法人新松戸合同事務所へのアクセス詳細

各地での過払い金請求対応エリア

■埼玉
三郷市八潮市吉川市草加市越谷市

■千葉
松戸市市川市流山市浦安市船橋市習志野市鎌ヶ谷市柏市我孫子市白井市八千代市千葉市花見川区稲毛区美浜区

■東京
江戸川区葛飾区江東区墨田区足立区台東区

■常磐線 新松戸駅北小金駅南柏駅柏駅北柏駅我孫子駅天王台駅取手駅藤代駅佐貫駅牛久駅

■武蔵野線 海浜幕張駅新習志野駅南船橋駅石川塩浜駅三郷駅吉川駅越谷レイクタウン駅南越谷駅新越谷駅越谷駅吉川美南駅

神奈川栃木群馬北海道青森岩手宮城、  秋田山形、  福島茨城新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡、、 愛知  三重、  滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根岡山、  広島、  山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分 、 宮崎鹿児島沖縄

お問合わせ